【引越し料金を安くする為のステップ2】

安くする為に必須の「相見積もり」のメリットは?

引越し料金を安く済ませる為には、「相見積もり」は必須です。

相見積もりなしでは、
おそらく十分に安い料金は引き出せず、

本人は安い料金で契約したつもりでも、
実際にはそれほど安い料金では無かったことに後で気が付いた…
なんてことにもなりかねません。

引越しの見積もりにおいて、「相見積もり」はそれだけ重要です。

ここではそんな相見積もりについてのお話しをしたいと思います。

そもそも「相見積もり」って何?

もしかしたらこのようにその言葉自体を初めて聞く人もいるかもしれませんので、
まずその言葉の意味からお話ししますと、

「相見積もり」とは、
複数社の見積もりを取る事を言います。

ですから、
引越しの見積もりにおいて相見積もりが大事だと言うのは、
複数社の見積もりを取る事が大事だと言うことになります。

一般的に引越しの見積もりを取る際には、
2、3社ほどの相見積もりを取る人が多いようです。

しかし、
1社だけの見積もりを取り、納得すれば契約、
と即決される方も決して少なくはありません。

どちらが正解とは言えませんが、

「引越し料金を少しでも安くしたい!」と言うのであれば、
相見積もりは必ず必要だと言えます。

相見積もりのメリット

ではなぜ相見積もりを取る事が重要なのかと言いますと、
複数社の見積もりを取ることで、比較する事が出来る、と言う点が大きなメリットになります。

引越し料金って非常に分かりにくいですよね。

「10万円です。この料金は非常にお得です。」、

と見積もりに来た営業マンの言われてもそれが高いのか安いのかは判断できません。
引越し料金の相場は一般人には分からないので、中々判断が難しいんですね。

だからこそ「相見積もり」が重要になるわけです。

例えば、
A社、B社、C社、と3社の見積もりを取れば、
比較する事が出来ますので、どこが安い、どこが高い、と判断する事が出来るわけです。

これがもし相見積もりを取っていなければ、
先ほどのような、

「10万円です。この料金は非常にお得です。」
このような営業マンの営業トークを信じるしか、他に判断材料が無いような状況になってしまいます。

引越し業者としては
ここで少し引越し業者の裏側のお話ししますと、

業者側としては、
「少しでも高い金額で契約したい」と言うのが正直なところの本音です。

これは企業としてビジネスを行っているわけですから、
ある意味で当たり前の事でもあります。

ですから、
本当は大して安くない料金でも、「安いですよ」と言ってくるのは営業トークとしてこれもある意味当然なので、お客さん側もこの事を十分に理解しておく必要があります。

「疑って掛かる必要がある」と言うと少し聞こえが悪いかもしれませんが、
営業マンの営業トークを鵜呑みにしてはいけないと言うことになります。

相見積もりで安い料金を引き出しましょう。

引越し業者は非常に沢山ありますので、
相見積もりもいくらでも取る事も出来ますが、
複数社の見積もりを取るのも体力や時間もかかりますし、ある程度数は絞った方が良いかもしれません。

おすすめは3社ぐらいの相見積もりを取る方法です。

この時もただなんとなく3社選ぶだけでなく、
しっかりと考えた上で3社を選択する事が大事なので、
そのポイントについても少しお話します。

バランスが良いのは、

・大手引っ越し業者
・中堅どころの業者
・小さい業者

などの3社を混ぜる事です。

一般的に大手引っ越し業者は名が知れていると言うネームバリューがある分、
やはりその料金も高い傾向にあります。

一方で、
小さな引っ越し業者は大手と違い、
ネームバリューが無い分安い料金である事が多いです。

中堅どころはその真ん中と言った感じでしょうか。

ですから上記のような選択をすることで、
高めの料金から安めの料金までを知る事が出来ますし、
料金だけでなく、引っ越しプランやサービス内容も比較する事が出来ます。

安くしたい為に額面上の金額のだけに目が行きがちですが、
しっかりとサービス内容との比較も非常に重要です。

引越し業者を選ぶ際に1番に気を付けなければならないのは、
「安かろう悪かろう」と言う業者です。

いくら安くでも作業の質が悪ければ元も子もありません。
壁にキズが付いた、電化製品を壊された、などとなっては後々後悔することになります。

ですから金額面はもちろん、
しっかりとサービス内容も良く見て比較する事が大事です。

サービス内容の確認とは、
・荷造りはどこまで行ってくれるのか?
・梱包資材は無料でもらえるのか?また、回収も無料でしてくれるのか?
・保険は入っているのか?荷物の保証の限度額は大丈夫か?
・家屋の養生は行ってくれるのか?
・不用品の処分は出来るのか?高いのか安いのか?
・時間指定は可能か?
・作業員は何名付けてくれるのか?

これだけ確認しておけば、いうことなしです。

相見積もりは時間をかけてでもしっかりと取って、十分に比較し、金額的に安いという条件はもちろん、サービス内容などについてもしっかりと比較して下さいね。

それが安くて良い引越し業者を選ぶ為のポイントです。